京大生の野球偏差値

野球を楽しむために、元京大生が様々なアプローチを試みるブログです
京大生の野球偏差値 TOP > スポンサー広告> 戦略・監督 > 日本の2軍をもっと魅力的に ~オラがチーム企画~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の2軍をもっと魅力的に ~オラがチーム企画~

プロ野球2軍を、オラがチームに。

日本プロ野球球団とアメリカMLBの違いについて書かれた話はたくさん目にします。
その中でもここではあえて、1軍ではなく2軍に焦点を当てて、
日本プロ野球の改善に向けて考えてみます。

日本の2軍とアメリカの2軍(マイナー)では、
「選手育成」という同じ目的を持った組織団体ながら、損益状況がかなり異なるようです。

つまり日本の2軍は儲かっていなくて、アメリカではそれなりに儲かっているという事実。

理由としては、マイナーリーグは観客数が日本の2軍に比べて桁違いに多い。
これは、マイナーリーグのファンサービスや各種工夫が寄与しているものに他なりません。
さらにマイナーリーグの各チームが、独立採算制を敷いていることが興味深い事実です。

マイナーリーグは、各チーム自体が黒字を出さないとやっていけないので、
自然と、収益拡大に向けた各種施策の実行力が生まれます。

一方、日本はどうか。
2軍は1軍と紐付きですし、観客数も数百人規模。
選手の給料や施設使用費を考えると黒字には程遠いようです。

観客数アップのためにやっていることは、
1軍と2軍とのカニバリを減らすために、2軍はデーゲームが多いようです。
ただ1軍と2軍は非常に近いエリアで活動をしています。

野球ファンの人口は人口の一定率存在しますが、彼らが観戦可能な時間は限られているはずです。
その意味では、時間カニバリよりもエリアカニバリが深刻のように思います。

アメリカではマイナーもナイターゲーム開催が非常に多いようです。

では、日本の2軍をどうやって儲かる組織体にしていくか。

まず2軍移転の話はすぐに思い浮かびます。
NBPのプロ野球球団がない四国はどうか。新潟はどうか。など。
ゲーム開催時間もナイター中心に開催することができればそれだけいいはずです。
地方に根付けば、ご当地キャラが野球(キックベース)でコラボする企画も面白そうですね。

プロアマ協定がのり越えられれば、地方アマトップチームとの対戦もぜひしたいです。

観客数は今よりは改善するでしょうし、2軍移転は検討する価値があります。
でも僕は、ここからさらに日本の2軍を「稼ぐ」組織にしたいと思います。

観客数だけではやはり限界もありますので、
経営に安定をもたらす意味でもスポンサーという制度を活用します。

まず2軍を独立組織にして、独立採算性に移行することから始めます。

そして、スポンサーを募るわけですが、
スポンサードとしては企業向けと個人向けを用意。

企業向けの提案としては、2軍へのスポンサーを比較的に少額に設定して。
1軍へのスポンサーは桁が多くて無理だが、2軍へのは協賛できる企業を増やす
社会人野球チームを持ちたいが、そこまでの資本体力がない企業への提案(オラがチーム)。
1軍よりも選手との距離感が近く、出資の実感がわきやすい。

野球自体のコンテンツパワーを、経営や得意先営業に生かしたい企業は多くいると思います。
また、これは地方への2軍移転により地方有力企業の声がかかると期待しています。
チームが地元と一体化すれば、1軍選手よりも喫緊課題のセカンドキャリア問題も
解決していく事例は増えるはずです。

企業だけでなく、さらなる経営安定を目指して、個人向け協賛枠を設けます。
配当の代わりに、観戦チケットや選手との記念会などが協賛特典となっていきます。

観客収入などの狩猟系収入だけでなく、
野球というコンテンツパワーを、オーナーにも活用してもらいながら、
2軍を稼ぐ組織にしていきたいと考えています。

2軍を切り離して管理することに、球団は賛成を表明しないかもしれませんが、
親会社である企業視点に立てば、不採算事業(基本的に広告宣伝費の赤字組織)の改善という
意味を持ってくるので話は聞いてくれるのではと期待しています。


さて、これらの考えは合理的な提案という意味だけはなく、
1人の野球をやってきた人間として2軍にもう少し光が当たってほしいと願う思いからでもあります。

1軍と2軍の待遇の差がある、これはハングリー精神のためにも必要です。

ただ、2軍の選手が育成という名のもとに、不利益を被っていないか懸念しています。
2軍コーチ批判をするつもりは毛頭ありませんが、2軍が育成目的だけの組織であるなら、
もし私が2軍のコーチなら、変化幅の大きい指導をしがちになります。
例えば、オーバースローで伸び悩む選手に、サイドスローに転向しないか、などと。

こんなアドバイスが起こり得るのは、
リターン(選手が1軍で活躍する)に対して、リスク(選手が伸びない)が小さいからです。

しかも新人は毎年何人も入ってくる。このコーチには恵まれた環境下で、
育成というだけのKPIで選手の意思を尊重した指導が本当に可能なのかに少し疑問が残ります。

選手という貴重な人材(しかも肉体というタイムリミット付)を最大限活用するべく、
2軍の試合自体もコンテンツとしていく。

さらに1企業だけでなく、地方の企業や個人がオラがチームとしての自分事化を
していって応援して、独立採算を保っていく。
2軍から誕生したスターは、長らく故郷ともいえる地盤ができるので、自信を持ちやすくもなります。

なんとか、2軍にもっと脚光を当てて、野球界を盛り上げていきたい。

次のスーパースターはこの中にいるのだから。
関連記事
スポンサーサイト




[ 2016/03/02 23:18 ] 戦略・監督 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【無料】エクセル版スコアブック作りました
プロフィール

 short-stop

Author: short-stop
 
小学校~大学まで野球部一筋。
大学院、社会人になってからも
クラブチームに所属する野球人です。

グローブ マニア
有名どころを比較検討しましょう
⇒記事は「グローブ論」カテゴリへ
ワンランク上のプレーヤーへ
パフォーマンスをあげるにはグッズ選びも大切


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。