京大生の野球偏差値

野球を楽しむために、元京大生が様々なアプローチを試みるブログです
京大生の野球偏差値 TOP > スポンサー広告> 技術の話 > 内野手が劇的に守備範囲を広げる練習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

内野手が劇的に守備範囲を広げる練習

それは脚力を伸ばすより、柔軟性をあげるよりもはるかに劇的に
守備範囲を広げるために、

スタートを改善します。

ポイントは、どれだけ早くからフライングできるか。
選手にこの意識を持たせます。

例えば盗塁でも、スタートが早ければ早いほどいいですよね。
「モーションを盗む」は野球界でも最高級の褒め言葉の気がします。

ただ早すぎると、守備陣にばれてアウトになってしまう。
アウトにされないぎりぎりの所で早くスタートを切ることが重要です。

守備も同じで、攻撃側に有利な動きをされないギリギリのところで
スタートを切る。

ポイントは、ボールとバットとの位置関係で、打球方向を判断すること。
僕なんかは卓球を長らくやってきた関係で、この感覚の重要性が身に染みています。

右打者のときに、ショートを守っているなら、
もう絶対に引っ張れないボールとの位置関係なら、
センターよりにスタートを切る。

これだけで最終到達距離が数m変わってきます。

うまいショートなんかは、一度三遊間方向に重心寄せてからセンターよりに重心寄せる動きが定着してます。
これを内野も外野もやると守備範囲は劇的に向上します。

練習方法。

ノックからどんどんフライングスタートを取り入れましょう。
練習ならどれだけ間違って逆をつかれてもいいので(逆をつかれるケースは実戦でもたまにある)、反復。
ノックで少し感覚をつかんだら、フリーバッティングの守備も最高にいい練習になります。

置きティーでノックをしてもらうのも効果的です。
ボールが固定されるので、バットとの位置関係から打球方向を判断する練習になります。

一瞬でも早く、正しいスタート切れると、守備範囲が広がるだけでなく、
自分のリズムで打球処理ができるのでバウンドも合いやすく、何より疲れません。
スタートさえ切れれば、延々とノックを受ける練習でも全然疲れないのです。
指導者にもっと前出ろ、と言われないのも初動のスピードがあるからでしょう。

実戦では想定外のことも起こります。
ボールとバットとの位置関係的には絶対、引っ張りなのに、
バットの先端にあたったことで不規則に逆方向に飛ぶケース。
この場合、スタートは逆をつかれますが、ゴロ自体は弱く前方への
ダッシュ走が長くなるので、逆をつかれても体にスピードがあれば取り返せます。

守備は打たれてからなんてナンセンス。
一瞬でも早くフライングを切ってください!!
関連記事
スポンサーサイト




[ 2015/07/04 21:41 ] 技術の話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【無料】エクセル版スコアブック作りました
プロフィール

 short-stop

Author: short-stop
 
小学校~大学まで野球部一筋。
大学院、社会人になってからも
クラブチームに所属する野球人です。

グローブ マニア
有名どころを比較検討しましょう
⇒記事は「グローブ論」カテゴリへ
ワンランク上のプレーヤーへ
パフォーマンスをあげるにはグッズ選びも大切


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。