京大生の野球偏差値

野球を楽しむために、元京大生が様々なアプローチを試みるブログです
京大生の野球偏差値 TOP > スポンサー広告> 個人成績(更新中) > 2014振り返りと来季目標

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014振り返りと来季目標

野球2014年シーズンが終了しました。

2014成績
打率 95-33 .347
守備率 110-4 .964

最後の試合でヒットがでてくれたので結果的には3割クリア。

クラブチームでは強豪チームとの対戦が増えて
結果が出ない時期もありましたが、その分、試行錯誤ができました。
無駄な動きをなくす高いレベルへの順応も野球の醍醐味だったりします。

打撃は終盤にいい形をつかみました。
特に最終戦、アウトローをレフト前へ強い打球で打てたのが最高の収穫。
オフシーズンもしっかり素振りして、自分のものにしたいです。

具体的には、
後足7:3前足のバランスを崩さずに、並進運動も少なめにインパクトだけ頑張る。
理想はメジャーのカノのような打ち方。
右ひざへの柔らかい重心の乗せをもっと練習する必要あり。

守備、ショートの守備は社会人になってから今年が一番良かったかも。
実はグローブの握りを変えました、自分の中では一大決心。

今までは、親指と小指があわせる袋包みでやってきましたが、
これ、上から落ちてくるバウンドには最強ながら、ショートバウンドに弱かった。

今年から親指と中指のはさみ捕りへ。力みが出ないよう守備用手袋も導入。
いい意味でリラックスとアグレッシブさが出て、勢いある捕球ができるようになりました。
捕球時の丁寧さは少し落ちるものの、実はそこはあまり重要ではないことがわかりました。
逆シングル含めて可動域も広がり、まだまだレベルアップできるのだと実感。

キャッチャーもたくさん経験して、やっぱりボール触る機会多いと楽しいです。
リードで頭使うのも心地よい疲れ。盗塁スローとバウンドボール体止めは要練習。



硬式と軟式を両立しながらも、自分の中ではレベルアップを感じられた1年でした。

この流れを続けることと、確率を高めていくことが課題です。
あーまた忘れてた、肩のトレーニングも必須。

関連記事
スポンサーサイト




[ 2014/12/16 21:29 ] 個人成績(更新中) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【無料】エクセル版スコアブック作りました
プロフィール

 short-stop

Author: short-stop
 
小学校~大学まで野球部一筋。
大学院、社会人になってからも
クラブチームに所属する野球人です。

グローブ マニア
有名どころを比較検討しましょう
⇒記事は「グローブ論」カテゴリへ
ワンランク上のプレーヤーへ
パフォーマンスをあげるにはグッズ選びも大切


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。