京大生の野球偏差値

野球を楽しむために、元京大生が様々なアプローチを試みるブログです
京大生の野球偏差値 TOP > スポンサー広告> 個人成績(更新中) > 2013年シーズンを振り返り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年シーズンを振り返り

2013年の野球シーズンを勝手に振り返ります。

今年は「変化」の1年。

打撃フォームの変更、キャッチャーへの挑戦もあって、
都度、発見や学びがあって、非常に刺激的な1年だった。
その新鮮さもあって、いい成績になったのだと思う。


打撃成績

打率 118-40 .339(前年.311)

●打率は昨年より上昇。特にクラブチームで打率アップ。
   41-16 .390 (前年.244)

理由として、
 硬式球&木製バットへの感覚がよくなった。
 目も硬式クラブチームのレベルに慣れてきたことが要因。

 ただ、一番の成績アップの要因は、タイミングを遅らせる勇気を
 持てた、それを実践で試せたことが大きい。

 春先、足をあげて静の状態を作るあたりから、打撃の内容が改善。
 突っ込まずに、自分の間が持てるようになって、打球方向もセンター方向に
 タイミングを遅らせることができるようになったので変化球を捉えた打席が増えた。
 2シーム系の動くボールの方が打ちやすい時もあった。

課題としては、
 このままスイングのキレを増す。もっと力みを無くして振り切る。
 クラブチームのもう少し上のレベルへの対応。

 軟式野球は、むしろ打率が下がったけど、これもタイミングの修正で
 なんとかしたい。軟式打率 :77-24 .312(前年.367)

守備成績
守備率 100-5 .950(硬式エラー2、軟式2)前年 88-6.932

●守備率は低空飛行だが、今年は特にスローイングのエラーばかり。
 肩のトレーニングをしないと試合中でも投げられなくなる。
 
 さらに、今年からキャッチャーをやる機会が増えた。正直、楽しすぎる。
 ショートの何倍も。気を遣うことも多いが、その分うまく行った時の
 達成感は半端ない。ボールを触る機会が多いのはそれだけで嬉しい。

 ショートの守備は、グローブの使い方を今更ながら変えた。
 そのおかげで、イージーな弾きミスはなくなったし、逆シングルも
 より捕球できるように。大きな変更だったが定着まで来年も続けたい。

 守備の課題はとにかくスローイング。普段投げる機会が減ってる中で、
 筋力的に、フォーム的にいかに保つか、向上させるか。


なんだかんだ、課題は山ほどある。野球が楽しい。
関連記事
スポンサーサイト




[ 2013/12/14 20:29 ] 個人成績(更新中) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【無料】エクセル版スコアブック作りました
プロフィール

 short-stop

Author: short-stop
 
小学校~大学まで野球部一筋。
大学院、社会人になってからも
クラブチームに所属する野球人です。

グローブ マニア
有名どころを比較検討しましょう
⇒記事は「グローブ論」カテゴリへ
ワンランク上のプレーヤーへ
パフォーマンスをあげるにはグッズ選びも大切


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。