京大生の野球偏差値

野球を楽しむために、元京大生が様々なアプローチを試みるブログです
京大生の野球偏差値 TOP > スポンサー広告> 個人成績(更新中) > VS UBB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VS UBB

VS UBB

クラブチーム公式戦。
負けたら終わりのトーナメント戦。

前日の大雨の余韻を残す薄曇りで、少し肌寒い。

5番キャッチャーで出場。

公式戦のたびにキャッチャーやってる気がする。
リードは、相手の意図をはずす緩急重視の作戦。

結果的に、5回まで、1点は取られたがまずまずのリード。
途中からピッチャーのスラが入らなくなり、ストレート中心になり、狙われた。
キャッチャーとしてはまずまずの内容。

しかし、6回途中でピッチャー交代してから、流れが悪くなった。
辛い審判の判定にも泣かされ、苦しいカウント、痛打の繰り返し。

一気に、大量失点となった。
その後、ピッチャーを代えるも、徐々に失点を重ねる。

リードも単調になってしまったかも。反省。
そして、相手の最後の攻撃ではマウンドに。
キャッチャーからマウンドは、野球人生でも初かもしれない。

でも、結構コントロールが冴えていて、コースの失投もなく、
難なく打ち取れた。

試合は、結局3-9で負け。初戦敗退。

打撃は、3打数1安打1死球
1打席目は、インコースまっすぐをやや下から入ってしまいレフトフライ
バットヘッドが寝てしまったミスショット。
キャッチャーからの打席はやはり準備が不足しがち。

2打席目、回の先頭打者でもあったので、早めに準備。
戦略としてはいつも通りの変化を待ちながらの対応だったが、
外のまっすぐにうまく反応してジャストミート。
センターをはるかに超える2ベース。理想のバッティング。でも点につながらない。

3打席目、流れが悪くなってからの打席。
4番が倒れた後の1アウトから、意表をついたセーフティーをするも、
あえなくファーストゴロ。結果的に流れが悪くなったかも。
調子はいいし、ボールは見えている。打った方がよっぽど確率高い今の
状況下では、構えだけでいいのかもしれない。もったいない打席だった。

4打席目、右サイドでやや変則フォームの投手に追い込まれる。
キャッチャーの疲労で集中力切れがち。追い込まれた後のインスラが、
曲がり過ぎてデッドボール。痛かったけど、つなげてよかった。

今日はチーム全体として流れが悪かった。
ベンチ内でおしゃべりしてしまう、ベテラン勢。
ことごとくバントを失敗する攻撃陣。
わずかなミスからリズムを悪くする投手陣。

流れを自ら手放す悪循環。
ミスが出たら、切り替えて元気出す。
もっと、自分でいい流れを作ろうとする姿勢。
いい流れに乗っかろうとする姿勢が重要。

楽しく、攻めていく野球をしたい。
このままでは、結局、大学時代の弱小チームになってしまう。

それとは別視点で、個人としては調子がいいので、
しっかりトレーニングしよう。バッテリーはやっぱり楽しい。

通算成績
打率 55-17 .309
守備率 48-2 .958
関連記事
スポンサーサイト




[ 2016/05/07 21:42 ] 個人成績(更新中) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【無料】エクセル版スコアブック作りました
プロフィール

 short-stop

Author: short-stop
 
小学校~大学まで野球部一筋。
大学院、社会人になってからも
クラブチームに所属する野球人です。

グローブ マニア
有名どころを比較検討しましょう
⇒記事は「グローブ論」カテゴリへ
ワンランク上のプレーヤーへ
パフォーマンスをあげるにはグッズ選びも大切


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。